2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2012.01.27 (Fri)

シンプルミートパスタ 「52本のワイン連載」

    ミートパスタ

牛肉、たまねぎ、にんにく。
粗く刻んだ肉をかみしめながらいただくシンプルミートパスタです。
調味料もとってもシンプル。それが美味しい。「52本のワイン」連載です~↓

【More・・・】

レシピ印刷をされる方はこちらをご覧ください♪ → レシピ印刷について

★★★ Kameyo's recipe ★★★

シンプルミートパスタ 

  ミートパスタ
                             
(材料)3人分
↓ミートソースの材料
・牛かたまり肉 300g
・玉ねぎ 1個
・にんにく 2片
・オリーブ油 大さじ2
・塩 小さじ1
・こしょう 少量
・赤ワイン 1/2カップ
・トマトの水煮缶 1缶(400g)
・ローリエ 1枚

・スパゲティー 240g(ゆで水2ℓ 塩20g 程度)※塩20gは大さじ1強
・パルメザンチーズ 刻みパセリ 適量

(作り方)
① 牛肉は粗く刻み、玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。
  レシピ1
② 中火で熱した鍋にオリーブ油を入れて、にんにく、玉ねぎ、牛肉の順に入れてよく炒め、塩とこしょうを加えてさらに炒める。
  レシピ
③ ②にワインを入れて煮立て、中火にしてアルコール分をとばす。
  レシピ3
④ ③にトマトの水煮缶をすべて入れ、ローリエの葉を入れて蓋をしてコトコト30分程度弱めの中火で煮込む。
  レシピ4
⑤ ④をそのまま冷まして味をなじませる(できたら一晩。急ぐようだったら1~2時間でも。冷ましている間に肉にうまみと水分が吸い込まれます。)
  レシピ5
⑥ 食べるときに⑤を弱火にかけて温める。沸騰した湯に塩を加え(1%の塩分濃度になるように)、スパゲティーを表示時間より1分程度短めにゆで、ソースに入れて全体をからめる。茹で汁を加えて塩分と濃度を調整して器にもる。パルメザンチーズとパセリをちらす。

※塩小さじ1は6g(大さじ1は18g)です。水は100倍用意していただいたら、スパゲティーをゆでるのにちょうどよい1%の食塩水ができます^^しっかりとした塩味なので、ソースの塩分はちょっと足りないかな・・・くらいでもいいかもしれません。最後に味見をして調整してください♪
※牛肉は、すね肉等の煮込み用の固い部分のブロック肉や、いろんな部位が混ざっているスーパーでパック売りしているカレー・シチュー用の肉でOKです。
 
★★★ Kameyo's recipe ★★★

ミートソースは各ご家庭でいろいろな母の味がありますよね?
私は、昔は野菜たっぷりのちょっとトマトケチャップを隠し味に使ったミートソースをよく作っていました^^
かめ子が大好きでとってもよく食べてくれました。もちろん、それも大好き!

最近は、どこまでもシンプルに作るのが私の中のブーム(笑)で、シンプルにシンプルに。
肉と玉ねぎとにんにくだけ。味付けは小さじ1の塩だけ。トマトの水煮缶と赤ワイン。

そのかわり、ひき肉ではなく、煮込み用の牛肉を包丁で粗く刻んで使います。
できたてはなんとも深みがないですが、冷めるまで待ってもう一度食べてみると、肉にうまみが戻っていてとても美味しい!
「ちゃんと肉を食べている!」って感じです(笑)!!

     ミートパスタ

ソースだけ食べると、
「ちょっと酸がたってるかな~」
と、不安になるのですが、ゆでたスパゲティーを絡めて食べてみると、
「あれ!!スパゲティーってこんなに甘くて美味しかったっけ?」
スパゲティーがとても甘く美味しく、ソースの角もとってまろやかにしてくれます。
ミートソースパスタって、ソースとスパゲティーが一体化してはじめて成立するんだと改めて納得しました(笑)!

     ミートパスタ

そして、そこに、ワインが加わって・・・
ローズマウント・ダイヤモンド・シラーズ

     ローズマウント

とてもやわらかくひろがるワインです。スクリューキャップなので、とっても気軽に飲めます。
バレンタインなどのパーティーにも助かりますね~^^
ミートソースにとてもよく合います。

先日、ワイン教室の初級の最終日でした。
夜20時からの勉強なので、睡魔との戦いの日もありましたが^^;
ワインをこよなく愛する熱い先生と、とても勉強熱心な一緒に参加させていただいた皆様。
質問や感想がとびかって、すばらしく内容の濃い時間でした。
みなさま、本当にありがとうございました。
終了したと思うと、とても寂しいですが・・・ 中級にすすみますっ!皆様も是非!

ソムリエの先生がおっしゃる大好きな言葉は、
「繊細な舌をもつ日本人に生まれた喜びを感じてください。」

日本人の舌は世界一繊細だそうですね。
同じ色の液体を、かつおだし、昆布だし、煮干しだしと明確に分けられ、少量の塩味、酸味を鋭敏に感じることのできる日本人。
甘味も!日本のスイーツはとても甘さ控えめで繊細。
ワインのテイスティングも、日本人はとても優秀だそうです。

ワインのお話だけでなく、料理の味の組み立て方も教わりました。
おうちでワインと合わせるのは、凝った料理でなくったっていい。
いつもの家庭料理で気軽にシンプルに。
五味を組み立てていく方法で丁寧に作っていこうと思います。


週末ですね。
温かくして、ワインを一杯飲んで(笑)
楽しい週末をお過ごしください。


☆お知らせ☆

アサヒワインコム「52本のワイン」にて、簡単レシピと美味しいワインを紹介しています。よかったらご覧ください♪

→ 52本のワインに合う52品のレシピ

また、こちら に今までご紹介したワインとレシピをまとめています^^
バレンタインなどのパーティーに!よかったらご覧になってみてください♪
お役にたてるレシピがあるといいのですが!



2つのランキングに参加しています! クリックしていただけると励みになります!
     
 にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

いつも本当にありがとうございます! お手数かけてすみません~


☆皆様へ☆

数あるブログの中から当ブログに立ち寄ってくださいまして本当にありがとうございます。
食べることから元気に!
何気ない毎日の生活をしっかりと大切に過ごしていきたいと思っています。

たくさんのご訪問、応援クリック、更新の励みになっております。
感謝の気持ちでいっぱいです。本当に本当にありがとうございます。

かめ代
EDIT  |  07:23  |  牛かたまり肉  |  TB(0)  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |